荒川ビジターセンターイベントレポート

HOME > イベント > イベントレポート

館内で映画上映と生きものふれあい体験をおこないました!

8月23日(日) なつやすみ!生きものシアター&夕ぐれミニガイドウォーク

荒川ビジターセンターで映画?!

150823生きものシアター&夕ぐれミニガイドウォーク (11).JPGどれかなー?相談しながら組み立てています。映像を通して生きものや自然を身近に感じ、実際に荒川にいる生きものともふれあってみよう、という夏休みイベント「生きものシアター&夕ぐれミニガイドウォーク」を行いました。
荒川ビジターセンター外の吹き抜けで、荒川の風を感じながら映画をみよう、というこの企画、当日はあいにくの強風…急きょ予定を変更し、荒川ビジターセンター館内で実施しました。窓をスクリーンにみたてて上映したこの日、荒川ビジターセンターは即席の映画館に!

映像は今回、世界中の自然や野生生物の映像を収集・保存して、多くの人に地球の今を知ってもらう活動をされているNPO「地球映像ネットワーク」さんからお借りしました。
迫力あるバッタやチョウゲンボウの映像や、色あざやかなインドのアニメーション、人と自然がともに生きていくことをテーマにしたニュージーランドの短編アニメーションなど、世界各地からの映像に、参加者の方からは「映像にいやされました。」「昆虫の世界が面白かった。」といった感想をいただきました。

荒川の生きものってなにがいるかな?

150823生きものシアター&夕ぐれミニガイドウォーク (19).JPG映像上映後は、バッタにさわったり、カニの生態を紹介したり、荒川のみどころを紹介しました。
バッタやカニに、みんな釘づけです。なかには「はじめてバッタにさわったよ!」という子もいて、スタッフも嬉しい!これをきっかけに荒川にもあそびにいってみてくださいね。

夕ぐれの荒川で虫の音観賞♪

150823生きものシアター&夕ぐれミニガイドウォーク (5).jpg自己紹介ならぬ他己紹介のシーン夕方の回では、荒川にでて少し歩きました。エンマコオロギ、マダラスズ、カンタン、カネタタキと何種類もの虫の音が聴こえてきました。夕ぐれの荒川の刻一刻とかわる景色と虫の音をのんびり楽しむ時間となりました。

荒川ビジターセンターとして初めての館内での映画上映会、今後もまた企画していきますので、ご参加お待ちしています!

荒川で一日すごしたよ~!

8月4日(火)~5日(水) あらかわ冒険キャンプinあだち

暑い!でも楽しい!あっという間の1泊2日

P8040018.JPG自己紹介ならぬ他己紹介のシーン足立区の荒川を思いっきり体験しちゃおう!というこの企画。
定員20名の募集に対して、なんと約170名の応募がありました(落選されてしまった方ごめんなさい)。
今回の実施場所は「宮城ゆうゆう公園」の一角にある、青少年向けキャンプ場で行いました。
炊事場、トイレもあり、大きなクスノキの木陰もある快適なキャンプ場です。

朝10時の集合にはみんなワクワクした顔で集合です。
まずはグループ分けをしてそのグループごとに自己紹介ならぬ他己紹介をしてメンバーの名前をみんなで覚えます。みんなさっそく他の友だちの名前を覚えていましたね。

テントも自分たちでたてます

P8040063.JPGどれかなー?相談しながら組み立てています。今回は大きなドーム型テントで一晩泊まります。
まずは、スタッフの説明を聞きながらグループのみんなで協力して、テントを立てます。
大きなテントなので立てるのも一苦労。その分出来上がったテントは大きな家のようで大満足!

さっそくあらかわ探険に出発!

P8040183.JPG荒川の水辺にはカニとバッタの両方がいました。お昼ご飯を食べたらさっそくあらかわ探険に出発。五色桜大橋の日影で、生きもの探し。バッタやカニも見つかりましたが、アシの草笛も大人気。「ピ~ピ~」といい音が響いていました。

夜の観察会も最高!

P8040442.JPG暗い河川敷では昼とは違う生きものがたくさんみんなで分担して作ったカレー(サラダ班、カレー班、火起こし班(ご飯担当)とみんなで分担して作りました)を食べたあとは、夜の荒川探険に出発!
昼間と違って、鳴く虫の声が聞こえたり、カエルがいたりと意外な発見がありました。

懐中電灯片手に草むらを探す様子はまさに「探険隊」!

一日を通して荒川の気温の変化、生き物たちの変化、風の変化を大いに感じられた一日でした。

夏の荒川わんど散策

7月19日(日) 川あるきの日(千住新橋緑地左岸(わんど広場))

いざ出発~!

IMG_3916.JPG7月2回目の「川あるき」は千住新橋緑地左岸(わんど広場)で行いました!

前日の曇り空がうそのように、今日はカラッと晴れたいいお天気でした。暑い中来てくださった参加者は13名。ビジターセンターを出発して、千住新橋を渡ってわんど広場へ向かいます。

こんなに暑い日でも虫たちは元気いっぱい!葉っぱも青々と茂っています。
草の中をかき分けながら進むと、ショウリョウバッタやイナゴがあっちこっちでピョンピョンはねていました。途中見つけたアシでつくった笛を吹きながら散策。長い道を休憩をはさみながら歩きます。

つかまえたいきもの、よ~く見てみよう。

P7190097.JPGどんな虫つかまえたかな?木陰で休みながら、つかまえた虫たちの観察タイム。

チョウやバッタ、カマキリにツユムシ。夏の草原で出会った虫たちはどんな特徴があるのかな?スタッフといっしょに観察しました。皆、食い入るように虫カゴの中を見つめます。

様々な草花や虫にふれたあとは、カニの岩場でカニとり。大きなオスのカニをつかまえて大興奮!
エネルギッシュな生きものに出会える夏のわんど散策でした。

次回の「川あるきの日」は8月2日に千住新橋~西新井橋右岸で行われます。

「川あるきの日」は「荒川のいまを皆で歩いて調べてみよう」をテーマに実施しているプログラムです。子どもから大人までご参加いただけます。
実施日は毎月2回第1・3日曜日になります。

見つけた、荒川の春!

4月26日(日) 遊びの学校 荒川たんけんにいこう!

小学生あつまれ~

P4260004.JPGわんどって知ってるかな~?小学生のみんなで荒川を探検しようというこの企画。春の第一回目は「五反野わんど」がフィールドです。

「わんどってなぁに?」という素朴な疑問からスタートして、生きもの豊かな場所で春をみんなで見つけに行こう!というのがテーマです。

まずは隊長(荒川ビジターセンタースタッフ)から探険の場所とルールを説明(ブリーフィング)して、千住新橋(全長約450m!)を渡っていざ荒川の対岸へ。

隊長からの指令をきいて探険だ!

P4260024.JPGこれが「フグリ」だよ~!草原に入ったところで隊長から「大きな青い”フグリ”を探せ」という指令がだされ、さっそくみんなで虫めがね片手にフグリ探し。絶妙なネーミングにみんな感心。
そのほか、草笛で遊んだり、クロベンケイガニを見つけたりと、みんな大喜び。

プログラム最後に感想を聞く場面では、カニに挟まれた経験をちょっと誇らしげにみんなに報告していた子もいました。

これからどんどん生きものがふえてくるとバッタもみられるよ~。との説明にみんな目がイキイキ。
少したくましくなった小学生たちでした。


次回の「遊びの学校」は11月に「荒川運動会」を予定しています。

「遊びの学校」は小学生を対象として「ちょっと荒川で冒険してみよう」をテーマに実施しているプログラムです。対象が小学生以上ですが3年生以下は保護者の方の付き添いをお願いしております。

川あるきの日(鹿浜橋~江北橋左岸)

2015年4月5日(日) 10:00~12:00

150405川あるき鹿浜橋~江北橋左岸 (7).JPG

4月1回目の「川あるき」は、江北の桜をめあてに、鹿浜橋~江北橋左岸へ行きました。
あいにく少し寒い雨でしたが、2人の方が参加して下さり、一面のスズメノエンドウや、毛がフサフサのハエ、コチドリなど発見もありつつ見頃の五色桜のお花見へ。

荒川土手の桜は様々な種類があり、よく知られているソメイヨシノよりも花期が少し後のものが多いので、今日はちょうど半分くらい花が咲いていました。紅や黄色、緑など、色とりどりの桜の花を楽しむことができまさに「五色桜」でした。(緑色の桜の花があるって知ってましたか?)


自分たちでつくる 川のようちえん 春をさがして荒川であそぼ!

2015年3月8日(日) 10:00~11:30

IMG_3466.JPG

3月の「川のようちえん」は、みんなで春を探しに行きました!
小雨まじりの天気でしたが、9人の方が参加して下さいました。
まずはみんなで「あらかわのさがしもの」ゲーム。つるつるしたものや、おいしそうなもの…五感を使って見つけました。
その後は、集めた葉っぱや石を使って、「にがおえをつくってみよう」!みなさんの自由な発想で素敵なにがおえができました!


みんなですべろう!荒川土手すべり大会

2015年2月22日(日) 13:30~15:00

P2220032.JPG

ダンボールを使って荒川の堤防で土手すべりを行うプログラムです。
あいにく直前まで雨の天気でしたが、集まったお客さんは定員を上回る21名!
まずは荒川ビジターセンター内で荒川土手の役割などを説明し、現地へ移動。
ひろい土手は、土手すべりにピッタリ!準備体操をしていざスタート。
「寝っ転がって滑るとスリル満点!」「からだが暑くなってきた」などなど皆さん楽しんでいた様子。


ページの先頭へ