足立区都市農業公園 
園内のみどころ情報

 
園内では、様々な生き物が日々目まぐるしく変化しています!
ここでは、園内のみどころをご紹介いたします。
agapannsasu.jpg kodemari.jpg mokoubara.jpg hangeshou.jpg shiran.jpg

河川敷花壇(ヒマワリ)の様子

 
【 撮影日:2021年7月29日(木)】
花びらが散り始め、見頃は過ぎております。
*生育期の強風・強雨のため一部倒れてしまっているものがあります。

園内で見られる植物情報

カンヒザクラ
 

モミジアオイ

新芝川沿い植え込み

真っ赤な色鮮やかな花を咲かせる、北アメリカ原産のアオイ科の宿根草。
ジュウガツザクラ
 

アサガオ

交流館前、工房棟周辺

夜明け前から花が咲き始め、昼前には萎む。様々な色、形、模様の品種がある。
ジュウガツザクラ
 

ハンゲショウ

ため池横

湿地に生えるドクダミ科の多年草。花の咲く頃に、花の周りの葉が白く変色するのが特徴。
ジュウガツザクラ
 

バタフライピー

人と自然の共生館

マメ科つる性の植物。名前の由来は大きく開いた花びらがチョウのように見えることから。
カンヒザクラ
 

はるかのひまわり

交流館前、古民家前

「はるかのひまわり」は阪神淡路大震災より語り継がれているひまわり。都市農業公園でもタネを受け継ぎ、毎年育てています。

ハーブ園

各種ハーブの花が見られます。

畑脇花壇

宮沢賢治花壇・秋の七草花壇

宮沢賢治花壇ではパンジーやアリッサムなどが咲いています。